害獣や害虫駆除は専門業者依頼ですっきり解決

小さくても凶暴なハチ

蜂

キイロスズメバチは、日本にいるスズメバチ中でもっとも最小なサイズです。しかし、れっきとしたスズメバチで、その攻撃性はかなり高めです。近隣に巣ができている場合は、凶暴性が高くなる秋までには駆除を依頼しておきたいものです。キイロスズメバチは体が小さく、都市部にも多く生息しています。人間の身近に巣を作ることも多いので、夏や秋の時期にはこのキイロスズメバチによる被害も多く報告されています。生態としては春から巣作りを始めて、夏には巣が肥大化します。その辺りで気づく人も多いのですが、このまま放っておくと秋には巣とともに警戒範囲が拡大し凶暴性が増します。また他のスズメバチと同じで、キイロスズメバチには毒があります。ハチ毒によるアナフィラキシーショックで死亡する事故も多くあるので、駆除には対策を万全にして挑まなくてはなりません。キイロスズメバチの被害例でも、こうした死亡事故、病院に搬送されたなどもあるので体は小さくても侮ってはいけません。洗濯物に紛れ込んでいたり、子供の遊ぶ庭や軒先などにいたりすることも多いので、見かけたら早めに巣を探して位置の特定と業者相談を検討しましょう。駆除の際には、防護服をしっかりと着こみ、隙間から侵入されないようにして駆除をすることが必要です。巣を取り除く際にはベテランの専門業者に依頼をすると良いでしょう。駆除し、再度巣作りをしないように生態に合わせて最善の方法を行なってくれます。